人気ブログランキング |

結城

11月1日。先日ご案内した「結城紬織子店・rico」さんにお邪魔してきました。

この日、結城は紬ウィークが開催されていて、
町のあちらこちらに着物姿で歩く人たちの姿が見れました。
結城紬を着る体験や、藍染体験、作品の展示などもされていたそうですが、
あまり時間も無かった為、すぐにricoさんへ。

e0143294_1285530.jpg
e0143294_129471.jpg


今回の会場となった石崎旅館。
現在は旅館として宿泊するのは難しいそうです・・・残念!

中には、結城紬の着物をはじめ、結城紬で作ったかわいい小物も並んでいました。
面白かったのは、鼻緒を止めるテープや鼻緒枕。
着物を着る方ならではの発想だなーと感心。

残念ながら私は着物はまだ着れませんので・・・

e0143294_12132890.jpg

まよった末、かわいい「花かんざし」をゲット♪
これも絹糸で作られているんですよ~。
ふわふわで、今からの季節にぴったり。

ricoさんを出て、ちょっと他のお店をのぞいたり寄り道していると、
先に出たはずの両親の姿が見当たらず・・・。

e0143294_12161230.jpg


居ました・・・。

e0143294_12172238.jpg


甘酒の看板に誘われて、近くの味噌屋さんで、ちゃっかり甘酒とお漬物まで頂いていました。
e0143294_12182124.jpg

もちろん、私も頂きました。
これがまた美味しい~☆

すると、お店の奥を案内してくださるとのこと。
e0143294_12193668.jpg

これは、大豆を煮る?大釜。昔ながらのものだそうです。

e0143294_12194921.jpg

こちらは室。お味噌の良い匂いに誘われてさらに奥へ。

e0143294_12201185.jpg

そして、圧巻の大樽!!
この大きさ、伝わりますでしょうか・・・。
樽職人が、この蔵の中で作ったそうです。
e0143294_12202026.jpg

e0143294_12203019.jpg

そんな職人さんも、いまでは数少なく(2人と伺ったような気がします)
作る方がいなければ、あとはプラスチックの樽になってしまうとか・・・。

木の樽がプラスチックになってしまえば、味か変わってしまうのは当然だそうです。
以前は、米沢でもお味噌を作っていたそうなのですが、土地によってお味噌の味が違ったそうです。
また、昔は熟成した赤味噌を作るのに時間がかかったそうですが、
今は逆で、暖かいので白味噌を作るのが難しいそうです。
温暖化や気温上昇の影響がこんなところにまで出るんですね・・・。

などなど、お店の方から、興味深いお話をたくさん伺ったのですが、
きちんとお伝えできない自分の記憶力が恨めしい・・・。

こちらのお店では、お味噌作りの講習会もしてくださるとの事!
つくば市内でもなさっているそうなので、ぜひ参加してみたいですね~。

はんてん作りをしていると伝えると、
最後に、昔の半纏を見せてくださいました。

e0143294_1236469.jpg
e0143294_12361279.jpg


結城紬のほかにも、まだまだたくさんの魅力がありそうな結城の町。
銘酒『武勇』の酒蔵はお休みで見ることが出来なかったので、
また今度ゆっくり町を歩いてみたいな~と思いました☆

以上、2日続けて長々と失礼いたしました^^;
by hantenya3 | 2009-11-05 12:44 | 茨城・つくば | Comments(0)


<< ご注文&納期について  つくば道 >>