「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:布・針仕事( 23 )

嬉しいお便り

e0143294_1747419.jpg


はんてん屋日和をご購入下さったお客様から嬉しいお便りが届きました。
ちょうどはんてんの制作をされていたところ、この本を見つけて下さったとの事です。
とてもわかりやすく「宝物の本」と仰っていただきました。
出来上がったはんてんの写真も添えて下さって、感激です!

また、別の方ですが、
「読みすすむうちにうれしさや、なつかしさや、せつなさに
 思わずお手紙を書かせていただきました」
と、お便りを送って下さった方も。
4年前に90歳を前に亡くなられたお母様が、貧しいながらも
いつもほっかほっかのはんてんとおふとんを作ってくれていた、
という思い出を書き添えて下さいました。
お母様から和裁を習う事が出来なかったので、
ぜひお教室に通いたいと仰っていただいています。

皆様からお寄せ頂く綿入れやそれを作ってくれたお母様への思い、
読んでいて目頭が熱くなる事もしばしば。。

他にもたくさんのご感想や励ましのお言葉をいただいており、
本当にありがたい事です。
この場を借りて御礼申し上げます。
[PR]
by hantenya3 | 2014-03-19 18:18 | 布・針仕事 | Comments(0)

館林もめん

江戸時代以降、日本各地で織られてきた木綿織物「地織り」は
今では全国でも数えるほどしか生産されていません。
「会津木綿」や「久留米絣」もその一つですが、
いつか色々な地織りを揃えてみたいという思いがあり、
この春から少し取り扱いをはじめました。

その一つ「館林もめん」ではんてんを作りました。
群馬県館林で織られている綿織物です。
薄めの生地でサラリとしていますので、綿を入れても軽めに仕上がりました。
洗濯しても綿毛が起きにくいそうです。

e0143294_2146307.jpg

e0143294_21443312.jpg


また近々、他の生地もご紹介してみたいと思います。
[PR]
by hantenya3 | 2013-09-09 21:57 | 布・針仕事 | Comments(4)

阿波しじら織り

徳島県の夏向けの綿織物です。
明治維新のころに、阿波阿宅村の織女“海部ハナ”さんが、
雨に濡れて縮んだ布に出来た凹凸をヒントに苦労をかさねて考案。
経糸(たていと)の張力差を利用して独自のシボを作り、
シボの凹凸によって、さらりと肌触りがよく、軽くて涼しい生地です。
e0143294_1265993.jpg

夏の着物、また、甚平によく使われていますね。
e0143294_1243214.jpg


この生地は本当に涼しいんです。
木綿ですが、表面のでこぼこのせいなのか汗を掻いても肌に張り付かない。
日に晒すと透けるほど薄いので、日よけや冷房対策の羽織ものにもおすすめです。
のれんも良いですね〜。
e0143294_127522.jpg
e0143294_11561414.jpg

本日10反ほど入荷しました。
これからもんぺやくらすこの商品も製作する予定です。
生地として切り売りもしていますので、どうぞお手に取ってご覧下さい♪
[PR]
by hantenya3 | 2013-07-18 12:19 | 布・針仕事 | Comments(0)

隠れ蓑?!

e0143294_1742479.jpg


これは天狗の隠れ蓑・・・ではなく、農作業の際の雨具だそうです。
スタッフのIさんが、「珍しいから」と
ご実家に保存されていた「蓑」を持ってきてくださいました。
写真や映像ではみる事はありますが、実物を手に取るのは初めて!
身につけさせてもらいましたが、意外と軽いんですね〜

ふるさとの奥会津で良く使われる「ヒロロ」という草を編んで作ったもの。
大正生まれのお父様がお若い頃のものだとすると、かれこれ70年は経っていそうです。

実際に雨が避けられるかどうかは・・・疑問。

e0143294_1744207.jpg

肩には屋号でしょうか。
ぜひ、雨の日に使ってみたいですね!!
[PR]
by hantenya3 | 2013-07-09 17:52 | 布・針仕事 | Comments(0)

暑くなってくると

絣に手を通したくなります。
綿入れはんてんにも人気ですし、夏生地というわけではないのですが。
濃紺(黒)の白地が涼やかに見えるからでしょうか。
もんぺなどの農作業着のイメージもありますね〜
さらっとして肌触りが良いので、最近はワンピースにされる方も多いです。

e0143294_18272637.jpg

久留米絣 1,800円/m

右の柄が一番人気の「ゆきんこ」。
子供用ちゃんちゃんこにしてもかわいいですよ♪
[PR]
by hantenya3 | 2013-06-07 18:32 | 布・針仕事 | Comments(0)

どん栗村へ

先日、岩手県一戸にある自然体験施設「どん栗村」を見学に行きました。
山奥の静かな村で、ご自宅やかつての養蚕小屋を改装して、
炭焼きや、機織り、染色などの体験が出来る施設を運営していらっしゃいます。

e0143294_1134596.jpg

e0143294_1136877.jpg


私たちが興味をもったのは、天蚕。
いわゆる「蚕」とは異なる種類だそうです。
蚕と同じように飼育して繭を作るのですが、それがまたきれいな緑なんです!

e0143294_11361679.jpg


幼虫も、この通りきれいな緑!
蚕よりもずっしりと、野性的です。桑ではなくクヌギをえさにします。

天蚕を飼育しているタマおばあちゃんは、
この他にも、葛や科、からむしなどの植物からも糸を作ります。

e0143294_114107.jpg


出来た糸を使って織り、着物や帯はもちろん、バックや洋服を作るそうです。
「一つ覚えてしまえば、あとは工夫しながらできてしまうから、難しいことは無いよ」
とおばあちゃん。。。
天蚕をはじめたのはなんと60歳を過ぎてからだそうです。
そして80歳を過ぎた今でも現役!!

何よりもタマさんの素敵なお人柄に触れて、お会いできてよかった〜と思いました。
天蚕や織についてもいろいろなお話をお聞かせくださって、
元気をたくさんわけていただいた気がします。
またいつか再訪してみたいです!


今回、どん栗村へ連れて行って下さったのは
盛岡にあるraumという物茶店!?のかよさん。
今回お店にお邪魔できなくて残念でしたが、素敵なお店と品揃えだそうです。
次回盛岡を訪ねたときには、ぜひお邪魔してみたいと思います!
ありがとうございました〜。
*T家のみなさまも、いつもながらありがとうございました!!
[PR]
by hantenya3 | 2012-08-11 11:59 | 布・針仕事 | Comments(2)

大先輩・・・まだまだ現役!?

先日、夕食のあとに、
キヨエおばあちゃんと母、私と妹の女四人がこたつに集まったときのこと。

ここ2年ほど、針を持たなくなってしまったおばあちゃんに
「運針、まだ覚えてる??」
と聞くと
「もう出来ないよ~」
と、寂しい返事。

やってみたら~?と無理やり針を持たせてみると・・・

e0143294_1423454.jpg



ちゃんと、手が動いています!
調子が悪ければお箸も落としてしまうほど、
以前に比べて指先の力は衰えてしまっているはずなのですが、
長年続けてきた針仕事、ちゃんと体が覚えているのですね~。

さすが!!

針目はまっすぐ・・・というわけにはいきませんが、
針の動かし方、左手の使い方。
まだまだたくさん、教えてもらわなくっちゃ~

e0143294_14284799.jpg


体はともかく、笑顔だけは衰えない、キヨエおばあちゃんです。

「皆さん、良いお年を~」
[PR]
by hantenya3 | 2009-12-11 14:30 | 布・針仕事 | Comments(0)

洗濯日和。

e0143294_1121948.jpg



本日は秋晴れ。
カラっとした良いお天気ですね♪

お洗濯といえば・・・
先日、手ぬぐいの『かまわぬ』さんが秋冬の手ぬぐいを持って
営業に来てくださったときのこと。
*近々新柄入荷予定です!!
手ぬぐいの洗濯についての話になりました。

長年使って、徐々に色あせていくのは当然のことですが、
今の洗剤は『汚れセンサー』?というの機能がついていて、
色素を汚れと認識して漂白されてしまう場合があるそうです!
我が家は、なるべく蛍光材や漂白材の入っていない洗剤を使っているので、
そんな高機能な洗剤があるなんて・・・知りませんでした^^;

すごいと思いつつも、ちょっと恐い気もします。
そしてもちろん、手ぬぐいにも良くないそうです。

永くお使いいただくために、一番良いお選択方法は・・・

*洗剤・お湯は使わない
*他のものと一緒に洗わない
*濡れたまま放置しない

という、とてもシンプルなもの。

その日使った手ぬぐいは、チャチャっと手で洗って、軽くしわを伸ばして、
ハンガーにでもかけて干しておけば、もう終わり。
夜干しても朝には乾いてしまいますね♪
尚、直射日光は避けてください。とのことです。

以下、かまわぬさんのカタログより。お洗濯についての詳細です。


■洗剤を使うとどうなる?
洗剤の漂白効果で急激に色落ちすることがあります。
塩素系漂白剤入洗剤、アルカリ性の強い潜在をしようすると、生地が傷み敗れることがあります。
■お湯を使うとどうなる?
お湯で手ぬぐいが温まると、染料によっては、にじみ出てぐることがあります。
それが急激な色落ちにつまがります。
■色落ちは防げない?
染め物のため色落ちは防げません。色にもよりますが、何度か洗ううちに少し落ち着いていきます。
その後も徐々に色落ちして風合いが出てきます。
■両端のほつれは続く?
始めはほつれていくので、糸をハサミなどで切ってください。
端から約5ミリ~10ミリのところで自然にほつれなくなります。
■未使用のまましまっておくと?
染料が生地に残ったまま長期放置すると、
生地に染料が染み込みすぎて痛み、破れることがあります。
一度洗ってからしまってください。

[PR]
by hantenya3 | 2009-09-17 11:52 | 布・針仕事 | Comments(0)

どちらがお好みですか??

布ぞうりの鼻緒ですが・・・
色々な作り方が本やテレビでも紹介されていますね。

はんてん屋の講習では、この2種類をご紹介しています。

①ねじり鼻緒。
ごく一般的な、昔ながらの鼻緒。

*撮影中、愛猫が離れてくれませんでした^^;
e0143294_1593584.jpg


②草履風?鼻緒。
ぞうりやゲタの鼻緒のように
布を筒状に縫って、
中にはビニールテープが入っています。
e0143294_159243.jpg





どちらがお好みですか??
私は、最初②がかわいくていいなーと思って履いていましたが、
結局①のねじって作るタイプが履きやすいような気がしています。
作るのもお手軽ですし♪

布ぞうり、ご希望の方は火曜日の10時~講習できますので
どうぞお問合せ下さい!

お子様の夏休みの宿題にも・・・。
[PR]
by hantenya3 | 2009-08-04 15:15 | 布・針仕事 | Comments(0)

手ぬぐいパンツ。

最近、手ぬぐいで作る子供用のパンツ(半ズボン?)を教えていただきました!

e0143294_18523370.jpg
じゃん!

こちらです。
かわいいですよね~。

一枚の手ぬぐいから出来るそうです。
しかも、たった10分で!!




手ぬぐいの端を上手に利用して、
あっという間に手品のように出来てしまうんです。

覚えが悪く、作り方のご説明が出来ず残念です・・・^^;

乾くのも早いので、特に今の時期、大活躍だそうです。
実際に作ったという方が何人かお店に手ぬぐいを見にいらしてくださいましたが、
簡単で、かわいくて、持ち運びもかさばらないし・・・などなど、
皆さん、気に入っていらっしゃるようでした!

春・秋や冬の重ね着用に、さらしよりも厚手の会津木綿などでも作れそう♪
いかがでしょうか??
[PR]
by hantenya3 | 2009-07-21 19:02 | 布・針仕事 | Comments(2)