わた部ワークショップ2011 ご報告

昨日、わた部ワークショップ「蚕のはなしと綿しごと」が行われました。
予想以上に多くの方にお申込み・ご参加いただきとても楽しい1日になりました!

まずは午前中。「蚕のはなし」。

筑波山麓には養蚕の神様を祀った「蚕影山神社」という神社があります。
年に2回の例祭の日が昨日、10月23日でした。
その蚕影神社の例祭を見学して、蚕影山神社や養蚕についての話をきこう!
というツアーが「蚕のはなし」でした。

参加者は子供から大人まで約20名。

まずは蚕影山神社に伝わる「金色姫伝説」の紙芝居を見ていただきました。

「金色姫伝説」とは・・・
遠くインドの国のお姫様(金色姫)が継母にいじめられるので、
可愛そうに思った王様が舟にのせて海へ流します。
その流れ着いた先が「豊浦」。現在の蚕影山付近、筑波山のふもとです。
当時はまだこのあたりは浦だったんですね。
そしてその姫の亡骸から生まれた虫が蚕だった、という話です。簡単ですが。。。

なんだかシルクロードのようなロマンを感じる伝説です。

そんな紙芝居を見た後に、歩いて10分ほどの神社まで。
神社へは数百段の石段を登ります。

e0143294_19231653.jpg



今は静かな神社ですが、養蚕が盛んだった戦後の頃までは、
例祭には遠方からも参拝客が何台ものバスで来るような、賑わいだったようです。

例祭を見学したあとは、児童館に戻って神社やこの地区についての
歴史的なお話を聞かせていただきました。

お昼を食べた後は「綿しごと」です。

まずは歩いてわた畑まで。
枝に実った白い綿をみて、みなさんから「うわー、綿だあ」という声。
参加者のほとんどは、綿が生っているのをはじめて見た方たち。
あのふわふわの綿が、植物から取れるのを目の当たりにして感動しているご様子でした。

収穫はすこしずづになってしまいましたが、それぞれ摘み取って
その後、摘み取った綿の種を取ったり、それで糸を紡いでみたり、布に織ってみたり・・・
講師の方に指導していただきながら、それぞれの作業を楽しみました♪


うっかりと写真を撮り忘れてしまって、文章でのご報告になってしまいました^^;


スタッフの未熟さで、少し(かなり)慌しいワークショップとなってしまいましたが、
内容は盛りだくさんだったと思っています。
お昼の「山麓ランチ」も美味しかったですね!!

今後も わた部の活動はちょこちょことご案内させていただきたいと思います。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!
[PR]
by hantenya3 | 2011-10-24 19:29 | 筑波山麓 | Comments(0)


<< 筑波山麓秋祭り その2 筑波山麓秋祭り >>